Paper moon plus+

ペーパークイリングを楽しく暮らしに取り入れて 自由気ままにひとりごと

きっちゃん

昨日で、ちょうど一年が経ちました。修行に出ていってから。

去年の今頃はとても暑くて、雨も全然降らなくて
きっちゃんにとっては、かなり過酷な修行だったでしょう。

私達にとって 初めてのペット。きっちゃん。

P3170517


我が家に来た時は10円玉サイズでした。生後間もない5ヵ月。

カメなんて飼ったことなかったから、飼い始めた当初は訳も分からず
真冬なのに冷たい真水の水槽に入れてしまい
翌朝様子を見に行ったら、スカイダイビングでよく見る光景のような
両手両足を思いっきり反らして目を閉じていて・・・  ♪あらま、おもしろい子♪ なんて。

けれど、全くピクともしない状態が続いたので
・・・これはおかしい・・・とようやく気付き。。

通常、カメは適正な水温&室温管理下で飼育します。
きっちゃんは人工繁殖によって生まれた子ガメでした。
そんな子は体力がないので、冬眠させるなんてもっとも危険な行為。
そのまま冬眠から覚めず、永遠の眠りにつくケースが多いから。

そんなことも知らず、冷たい水に入れて冬眠を無理強いしていたのでした。
それからはネットや飼育本を読みあさり、飼育環境については試行錯誤の毎日。

そんな甲斐もあって、3ヵ月経った頃から私達に次第に懐くようになり
目が合ったり、私たちが呼びかけると近づくカメになりました。

室内とお庭を散歩するのが大好きだった きっちゃん。
水槽に戻してほしいときはそばに寄って訴える きっちゃん。
人間が水換えしている様子をちゃんとチェックしに来る きっちゃん。
豚肉と砂肝には目の色変えて食らいつく きっちゃん。
キッチンの「ゴキブリホイホイ」に異常な関心を持っていた きっちゃん。
鼻と鼻をこすり合わせる”鼻チュー”をすると伸び~をしてリラックスする きっちゃん。

かなり飼い主目線の勝手な解釈で、擬人化している節もあるけれど
とにかく、かけがえのない我が家の一員だったということは確かで、
毎日きっちゃんからたくさんの笑いと癒しをもらっていたのでした。

PA120404


ウッドデッキに水槽ごと出して、日光浴させていた一年前の昨日。
懸垂が得意なきっちゃんは水槽から抜け出して、永遠の旅に出かけてしまったようです。

たった2年半しか一緒にいることできず、脱走させてしまった後悔はあるけれど、
今は写真の中のきっちゃんを見ては語りかけ、そばに感じています。

そして、きっちゃんを飼い始めてからというもの、巷のカメグッズに無意識に反応するように。
グッズはこれからも増え続けることでしょう。

きっちゃん、もっと一緒にいたかったよ。楽しい思い出をありがとう。
















モッコウバラのフェンス

毎年、連休中に咲く 我が家のモッコウバラ。
今年は天候不順のせいか、咲き遅れていました。

<連休直前の様子>

20120425_023 (7)


<連休明けの様子>

20120508-026

手前のフロリダバリエガータも、ピンクの小花をつけ始めています。


20120509_039

4年前に植えた2株から、こんな立派なフェンスが出来上がりました。

満開に咲く白いモッコウバラのおかげで、お庭がますます華やぎます。
でも・・・これから秋口までが剪定の大変なシーズン。
ぐんぐん伸びる蔓との格闘。覚悟をしないと!

今日は強い雨が降るそうなので、花と蕾と葉っぱ達がたくさん落ちませんように。
(後の掃き掃除が大変なのよねぇ・・・)

一服しながら振り返り・・・

20120508-1


京都土産の「栗阿彌」の栗と 「寛永堂」の大納言清澄をいただきながら、一服。

大型連休も終わり、渋々、社会復帰中。
全国的に天候に恵まれなかった、今年の連休は
京都に帰省するも雨で近場しか出掛けられず、家でごろごろ。まるでお正月のよう。

恒例行事となった男性陣だけのゴルフマッチも(今年は京都開催)
当然のことお流れとなり、毎晩の呑みが唯一のイベントになってしまいました。
義父さんには、なんだか飲み会だけのためにわざわざ京都に来て頂いたようで申し訳ない。。
次回からは雨天の計画もちゃんと考えておかないと。ちと反省。

初日の晩は茶懐石の仕出しで有名な「三友居」 今までの仕出しの中で一番美味しかった!
麦茶を入れるようなポットに汁もの、筍入り豆ごはんは炊飯ジャーで届く。
汁ものは温めて、別に用意された海老しんじょをお椀に入れるだけ。
実家が一気にお茶屋に早変わり。芸妓は、私と母といったところでしょうか(笑)
お造り、和え物、焼き物、炊き出し、汁もの、香の物、ご飯・・・色どりよく盛りつけられたお料理。
今で言うケータリングサービスは、京都ではとうの昔からあったんですね。すばらしい。

そして、もうひとつの京都らしいこと。
それは京町家風の宿でのお泊り。京町家なんて泊る機会ないからと、
両親が義父さんと私たち夫婦の分まで 手配してくれていました。
実家の目の前にある木造二階建ての 寿栄屋の別館。
石塀小路の中にあるお宿で、十分京都の風情を味わえます。本館も同じく、石塀小路の中。


IMG_1396


実家で食事を済ませて、二軒目は寿栄屋の宿に、お酒とつまみをぶら下げて
みんなで移動し、呑みなおし。学生の合宿のような賑やかさで、よく笑いよく呑みました。

互いの親が元気に、こうして仲良く毎年会う機会が持てるなんて
嫁の立場からしても、本当にありがたいこと。






月別
naco's gallery
  • BQJ展御礼&出展作品
  • BQJ展御礼&出展作品
  • 展覧会の様子をちらり
  • 販売キットのお知らせ
  • ワークショップのご案内〜BQJインストラクター展〜
  • 【10月・11月】2回完結レッスンのお知らせ
  • 【10月・11月】2回完結レッスンのお知らせ
  • 1dayレッスンのお知らせ(9/16)
  • 1dayレッスンのお知らせ(9/16)
<nacoについて>

1975年生まれ
2015年4月より大阪在住(転勤)
ボタニカルクイリングジャパン認定インストラクター

2005年ヤマトアートシリーズコンテスト
ペーパークイリング優秀賞受賞
2015年AJCクリエイターズコンテスト
ペーパーアート部門佳作受賞

企業イベント、店舗装飾、
ブライダル関連オーダーなど
お気軽にお問合せください

お問い合せはコチラからどうぞ
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ